油絵初心者におすすめ!絵の具など最初に揃えるべきものなどご紹介!

 

皆さんこんにちは!
美術作家の平郡(ひらごおり)です!

 

油絵具ってどんなものかなー、描いてみたい
なーとか興味がある方多いと思います。

ただ初心者には扱いづらかったり、匂いが気
になったり…というのは油絵にはつきもの
ですよね。

 

そんな油絵の扱いづらさを少しでも解消し、
初心者でも油彩画に挑戦できるような内容で
ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

油絵初心者必見!油絵の具は実はほかの絵具よりも扱いやすい?!

 

 

 

まず、最初にお伝えしますが、油絵は始める
にはなかなか初期費用のかかる絵具です。

そして、ちょっとしたアトリエのようなス
ペースがないと、少し難しいかもしれません。

もし家でやる場合は、専用に個室があるとい
いでしょう。

 

しかし油絵はデメリットばかりではありませ
ん。

ひとたび作品を仕上げ、完成までもっていく
ことができれば、とても重厚感のある絵に仕
上がり、例え初心者であっても、プロのよう
な仕上が
りが期待できます。

 

仕上がりに重厚感があるということは、後々
趣味からプロになることもありうるし、その
可能性は油絵が抜群にあります!

そして、水彩や、ペン画などと違い、数万~
十数万の値をつけても買い手がいます。


それだけ油絵は高級品であり、劣化も少ない

ため将来画家としてプロになりたい方はぜひ
油絵をお勧めします。

 

 

そして油絵は比較的自由度が高く
工夫次第
で油絵で水彩のような表現ができた
り、イラストが描けたり、日本画のような表
現ができたりと、
とても幅広くいろんなジャンルの作品ができ
ます。

 

日本画、水彩画、イラストのような1発描き、
失敗が許されない、というものでもなくあ
程度の修正はできるので
実は絵をあまり
描いたことがない初心者の方
や、絵がうまくな
いけど好きだ、という方に
は向いているとい
えます。

 

 

 

油絵初心者でも使いやすい、揃えやすい絵の具のおすすめ

 

ここからは全くの初心者が始めやすい絵の具の
メーカーや最低限必要な用具を解説していきた
いと思います。

 

 

クサカベ習作用油絵具20ml 12色セット
3024円~

 

 

私が初めて買った絵具はまさにクサカベでし
た!

クサカベは値段がそんなに高くなくアマ
~プロまで幅広く使われている絵具です

 

6号1本340円~という安価な絵の具なが
ら、絵具の濃度、練りの調子、伸びの良さ
ど使いやすさと堅牢で褪色しにくいのが売り
です。

初心者の方はまずこのセットを買って足りな
い色などを徐々に補充していくのが
いいでしょ
う。

 

 

 

クサカベ 無臭クリーナー150ml
340円~

 

筆を洗う筆洗油です。

油絵はにおいがきついことで敬遠されがちで
すが、特に筆洗油はにおいが気になります。

クサカベが出しているこちらの筆洗油は極力
臭いを抑えた筆洗を発売しています。臭い
気になる方はこちらを使ってみてください!
段違いです!

 

 

 

クサカベ テレピン 55ml
304円~

 

こちらは油絵の基本といえる溶き油です。水
彩でいうところの「水」にあたります。

油絵は基本塗り重ねの作業なのでジャバジャ
バ使うものではありませんが、細かい線、緻
密に描きたい場所などはこちらを筆につけ少
し絵具をゆるくして描きます。

つけすぎると下の絵具まで流れてしまうので
要注意(苦笑

 

 

 

 

クサカベ 画用液 ネオペインティングオイル
55ml
303円~

 

 

適度に光沢があり、塗膜強度、固着力、速
乾性を持っている優れもの!

 

油絵具の塗り重ねに適しています。乾性油と
合成樹脂をとてもバランスよく配合した溶き
油なので、描き出しから仕上げまで使えます。

 

 

 

マイメリ画用液 667アクリルピクチャーワニ
ス75ml
796円~

 

 

完成後に画面に塗布する油彩用仕上げニスで
す。

 

黄変しない溶剤をベースにした、耐光性に優
れた。弾力と透明感のある塗膜をつくり、UV
フィルターが紫外線から保護します。
光沢も程よく愛用しています^^!

 

 

油絵は本当にたくさんの画溶液がありますが、
油絵初心者が抑えておきたい画溶液はこんな
ところですね!

いろいろ試してみてもいいのですが、私もか
なり長い間油絵を描いていますが上記以外の
画溶液はほとんど使いません(笑)

 

ご紹介した画材はほとんどクサカベの製品が
多いです。やはり他メーカーに比べて、初心
者でも手を出しやすい値段であるのが1番の
理由です。

 

ここで基本をそろえて描いてみて、使い終わ
った
らほかのメーカーを試してみるとかでも
いですね。


ほかのメーカーでも同じ名前の製
品はあるので自分に合ったものを選ぶといい
と思います。

 

  • まずは、油絵を描く!
  • そのために初期費用を抑えつつ必要なものを
    買う!

 

というのが取り掛かりやすいコツだと思いま
す。

 

 

 

 

油絵初心者がそろえるべき道具、これですぐに描き始められる!

 

上記で述べた絵の具、画溶液ブラシクリー
ーで描くものを準備したら後は描くだけで

ね!

これさえあればすぐにでも描き始められるア
イテムをご紹介しましょう!

 

イーゼル

 

 

油絵は立てて描きます。寝かせて描くのは至
難の業です。イーゼルは持っておきましょう。

壁に立てかけて描いても可ですが、どんなに
気を付けていても周りには絶対飛び散るので、
壁に立てかけて描く場合は周りを保護シート
などで覆いましょう

 

 

油壷×2

 

テレピン、ペインティングオイルなどを入れ
る入
れ物です。

小皿などに入れて使ってもいいのですが、
発性なのであっという間になくなりますし
こりも入ります。

ほこりが入ったまま使用すると画面が汚れた
まま乾燥して定着してしまうのでなるべくこ
ちらを使うようにしましょ
う。

 

 

キャンバス

 

 

 

 

麻でできたものをお勧めします。細目、中目、
荒目とさまざまあるのでお好みで。スタンダ
ードは中目です。

安価なのは桐ですが、長持ちさせたければ杉
がいいですね。杉のほうはなかなか重い。

 

 

雑巾・新聞

 

画面を拭き取ったり、筆の油をある程度落と
したり、筆洗で洗った後の拭き取りなど何か
と使います。

 

たくさん使います。

 

 

筆(刷毛、大、中、小、細、各2本ずつ)

 

水彩のように洗ってすぐ落ちるというもので
もないので、筆は多ければ多いほどいいです
ね。ただ洗うのが面倒になるので各本ずつが
ベストかな、と。

 

 

これで素敵な油彩画ライフを送りましょ
う!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です